正しい食品表示ラベルの作り方や食品表示法に関連する書籍の販売。消費者庁の食品表示一元化の最新情報などをご提供。

名称

食品表示ラベル(一括表示)の名称とは

  1. 名称と品名の違い
  2. 名称の表示方法
  3. 注意すべきこと

名称と品名の違い

食品表示ラベルの作成において、一番最初に表示するのが「名称」です。
名称とは、消費者庁の食品表示基準によると「その内容を表す一般的な名称を表示する。」とあり、誰が見てもそれとわかる、社会通念上一般的な名前を表示する必要があります。
しかし、この名称を表示する際によく間違われるのが「品名」との混同です。(この記事で言う品名とは、商品名のことを示します。)
条件によっては、品名が名称になることもありますが、基本的には別のものと考えて表示する必要があります。

例えば、洋菓子のシュークリームの製品があるとします。
正しい食品表示の作り方|原材料名|名称1
この名称を表示する場合「その内容を表す一般的な名称を表示する。」ものは何か。
そのように考えると、洋生菓子かシュークリームが一般的な名称に該当します。
どちらもだいたい消費者の方がすぐに思い浮かべることができる名称ですね。
しかし、世の中にはシュークリームと呼ばれる様々な形の製品があり、人それぞれにシュークリームの定義があるかもしれません。
そのような事も踏まえて考え、ここは「洋生菓子」とするのが名称として一番しっくりきます。

これに対して名称に「シェフの特製ダブルシュー」と表示してしまうと、その部分だけを見た消費者はこれが一体どのようなものなのか想像がつかないことがあります。

このように、食品表示ラベルの「名称」とは、基本的にその製品が属するカテゴリーで表示します。

正しい食品表示の作り方|原材料名|名称2


名称の表示方法

名称は上記のように、主にカテゴリーで表示することはおわかり頂けたでしょうか。
さらに注意して頂きたいことは、名称を表示するとき品名は食品表示ラベル(一括表示(別記様式一))の中に表示することはできないとされていることです。
もし名称と品名の両方を表示する場合は、品名を枠外に表示する必要があります。

正しい食品表示の作り方|原材料名|名称3


注意すべきこと

この他にも「名称」には食品表示基準で定義された製品によって、表示しなければならない名称や、使用してはならない名称があります。
また、その定義に該当する製品を作るための食品製造業営業許可証を取得している必要もあり、食品表示法だけでなく食品衛生法など他の法令も関わる上、業界団体で独自に定めた公正競争規約などもあります。

正しい食品表示の作り方|原材料名|名称4

食品表示作成業務においては、この「名称」が第一歩となります。
これから先の原材料名などにとりかかる前に、自社がどのようなカテゴリーの製品を製造し、営業許可や定義に合致しているかをしっかりと調査していく必要があります。

筆者 田添正治
2017/05/25:加筆

 「正しい食品表示ラベルの作り方」トップへ戻る
「正しい食品表示ラベルの作り方/原材料名」>>
このページのURL https://chefplus.net/how-to-make-food-labeling/products-name/
スポンサーリンク




このページについて
正しい食品表示ラベルの作り方|名称
タイトル
正しい食品表示ラベルの作り方|名称
記事の内容
正しい食品表示ラベルの作り方。第一歩の「名称」について解説します。
筆者
記事の提供元
chefplus.net
 

お気軽にお問い合わせください TEL 082-576-6134 受付時間 10:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

サービス

食品表示作成支援・チェックサービスのページリンクバナー    食品表示のかかりつけ相談ページへのリンクバナー   洋菓子製造の有期実習型訓練・6次産業化ページへのリンクバナー          

当社出版の書籍

見やすい食品表示基準バナー 見やすい食品表示基準についてバナー

メールマガジンへ登録

食品表示に関するお役立ち情報や、最新の一元化情報を不定期にお届けします。
* 必須項目
  • facebook
  • twitter

プロフィール

株式会社まわた 取締役 田添正治 洋菓子製造1級技能士として15年間洋菓子店を営み、100以上の食品表示を作成してきた経験と持ち前の探究心から、消費者庁が公示する食品表示基準等から食品表示を読み解く。「徹底的に基本を大切にし、まっすぐ生き抜く」という理念のもと、分かりやすく基本を丁寧に解説することに定評がある。 食品表示に悩む人からは「調べるほどに分からなくなる表示がやっと理解できた」「実務を含んでいたおかげで間違いに気がついた」と評価される。 6次産業化で人材育成が必要な地域と共にプログラムを組み、全10回延べ150人を超える受講者へむけ特別講習会を実施。さらに人々の意見をまとめ上げ次のステップ新製品開発へと進めるなどその人材育成手腕を発揮。「わくわくする講習会」「なんとしてでもこの製品を完成させたい!」と参加者の声がある。

PAGETOP
CopyRight 株式会社まわた